博物館で三浦一族

横須賀市自然・人文博物館に、衣笠城のジオラマがあるよと教えてもらい行ってきました。

蓼原古墳出土埴輪 男子弾琴椅座全身像
蓼原古墳出土埴輪 男子弾琴椅座全身像

1階にある「人文」の展示室にあります。
人文の展示室は、三浦半島に人が住み着いたころから豪族「三浦一族」の時代までを体感する部屋です。

相模国封戸祖交易帳

「三浦」は昔は「御浦」だったんですね。735年、奈良時代のことです。

展示室に、大きいジオラマがありました。これが衣笠城です。

衣笠城 縮尺/1:500
衣笠城は、平安時代の末につくられた山城である。鎌倉時代になると、北条氏との対決にそなえて、さらに城を大きくした。今も山城の遺構がたいへんよくのこっている。

(ジオラマの説明)

「大善寺」が目印になるかな。たぶんこの道があの急坂で…
田畑いっぱいで、いい所だったんだろうなと、想像してぼんやりしてしまいます。

ジオラマって楽しいです。

絵の巻物も展示されていました。

平安時代後期の合戦の絵巻「後三年合戦絵詞」の一部とのこと。
かっこいい絵なので調べてみました。東京国立博物館の画像検索で見ることができます。

画像のリンク20220123.jpg

横須賀の博物館(横須賀市自然・人文博物館)といえば、入口にあるナウマンゾウがおなじみですが、ところで、ナウマンゾウっていったいどのくらい前に生きていた動物なんだろう?

こんなふうに、博物館って「なんか気になるぞ」って思って勉強したくなる場所なのかもしれません。それでまた再び博物館に来たくなります。

今日は、いつもは素通りしていたナウマンゾウの説明パネルもゆっくり読んでみましたよ。

横須賀市自然・人文博物館は、衣笠商店街から、横須賀駅行きのバスに乗り「文化会館前」下車、徒歩5分です。

衣笠山へ

衣笠山の山道

商店街から歩いて、衣笠山に行ってきました。
土の上を歩くのは気持ちいいものです。

若芽堰

ため池「若芽堰(わかめぜき)」
いろんな鳥の声が聞こえます。衣笠山の鳥たちはおしゃべりなんですね。

衣笠山の竹林

平作側の階段をあがると、竹林があります。
YCCよこすか市民会議の方々がボランティアで整備をおこなっています。

若芽の里

衣笠山のふもとに田んぼがあります。
この敷地は、NPO法人三浦半島生物多様性保全の方々がボランティアで管理をしています。
ツバメが6羽楽しそうに飛んでいました。

衣笠商店街のこいのぼり

ふたたび商店街へ。

衣笠商店街のこいのぼり

衣笠商店街は風の通りがよいんだな〜
商店街に飾られた「こいのぼり」が気持ち良さそうに泳いでいました。

衣笠商店街のこいのぼり

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、
衣笠山公園は、現在駐車場は使用できないほか、利用に制限があります。
最新の情報はツイッター 衣笠山四季折々 がおすすめです。

平作川で「外来種生物を学ぶ教室」

2019年7月18日 衣笠小学校の授業「外来種生物を学ぶ教室」におじゃましてきました。

平作川で「外来種生物を学ぶ教室」

「天白先生ーあそこにカメがいるー」
「えー? どこー?」
「右右ーーー がんばってー」

平作川で「外来種生物を学ぶ教室」
平作川で「外来種生物を学ぶ教室」
平作川で「外来種生物を学ぶ教室」
平作川で「外来種生物を学ぶ教室」
平作川で「外来種生物を学ぶ教室」

平作川には、どんな生物がいるんだろう?
指導してくれるのは、NPO法人三浦半島生物多様性保全の天白牧夫先生

平作川で「外来種生物を学ぶ教室」

平作川にいる生き物、そこに集まる生き物の話をしてから、、、

平作川で「外来種生物を学ぶ教室」

外来の生物ばかりかと思ってましたが、在来の生物も意外といっぱい取れました。(もちろん後で川に返しますよ)
取れた生き物を触ったり観察したり、質問したり

平作川で「外来種生物を学ぶ教室」

グループにわかれて、水質検査の指導。「WE LOVE 平作川」実行委員会の、中村先生と、かみわたり先生がおしえてくれました。

平作川で「外来種生物を学ぶ教室」

平作川をすこしお散歩。
いつも見ている平作川、すこし見方が変わったな?

平作川で「外来種生物を学ぶ教室」

次のクラスと合流です。

平作川で「外来種生物を学ぶ教室」
平作川で「外来種生物を学ぶ教室」

観察して歩くと、川も川の生物もおもしろい!

光心寺 軍艦比叡鎮魂碑

光心寺 軍艦比叡鎮魂碑

<シリーズ> 衣笠商店街 近隣のみどころ

取材:2019 年 6 月 1 日


光心寺 境内

JR衣笠駅から歩いて5分。

楠箇山 光心寺は、静かな雰囲気が気持ちのよいお寺です。

光心寺 本堂

忠魂祠堂

本堂の左手には、忠魂祠堂(ちゅうしどう)というお堂があり、ここには大戦の戦没者と自衛隊の殉職者の位牌が奉られています。また、「戦艦比叡」の木造模型が奉納されており、日頃は閉まっていますが、お盆とお彼岸の時期には参拝することができます。

忠魂祠堂

軍艦比叡鎮魂碑

軍艦比叡鎮魂碑(ぐんかんひえいちんこんひ)は、戦没者ご遺族の方々の依頼により、昭和 57 年(1982 年)建立。

<碑文>
正面軍艦比叡鎮魂碑
裏面昭和五十七壬戌年五月吉日
比叡会及び遺族外有志一同建之

「壬戌」(みずのえいぬ)とは、干支(えと)のひとつです。 また「建之」とは(これをたつ)と読みます。

正面の銅板には軍艦比叡戦死者芳名が刻まれています。裏面の銅板には、艦歴が記されています。

戦艦比叡艦歴
比叡は大正三年八月巡洋戦艦として横須賀工廠で完成し、横須賀在籍の新鋭艦として活躍した。
昭和五年軍縮会議の結果、練習戦艦となり、その兵装機関の一部を撤去し第一線を退いたが、その間にも昭和八年の特別大演習、同十年の南九州行幸及び翌十一年の特別大演習の三回にわたり、大元師陛下の御召艦としての栄に浴した。
昭和十二年「アーマー」の取付け、「バルジー」の新装備、前檣楼の改装射撃盤の近代化等の再改装が呉工廠で行われ、同五年初めに最新鋭の高速戦艦として第一線に復帰した。同年秋、横浜沖で行われた紀元二千六百年特別観艦式には重ねて御召艦となった。
昭和十五、六年には高松宮宣仁親王殿下がその砲術長として勤務された。
昭和十六年十二月大東亜戦争が勃発すると、比叡は新編成の第一航空艦隊の支援部隊として「ハワイ」印度洋「ミッドウェー」等の海戦に参加し、大いに武威を輝かした。
昭和十七年後半、南東方面の戦局が急を告げるや、同方面に再び作戦し、第二次「ソロモン」海戦南太平洋海戦に参加した。同年十一月十二日深夜「ガダルカナル」島敵飛行場砲撃に任を帯びた特別挺身攻撃隊(戦艦霧島、軽巡一隻駆逐艦十二隻)の旗艦として目的地に突入したとき、予期しない敵重巡部隊と遭遇し激しく交戦した。比叡の放った主砲の初弾で敵重巡部隊の旗艦「サンフランシスコ」の艦橋を吹き飛ばしよく敵の大部を倒したが、比叡も亦百発以上の被弾を受け、その一弾が不運にも舵取機に命中し航行不能に陥った。十三日早朝から敵機の反覆攻撃を受け単艦よく奮戦したが日没におよび阿部司令官の命により、乗員を駆逐艦に移乗し、自ら「キングストンバルブ」を開いたが、尚沈まず最後に駆逐艦雪風の雷撃で止どめの一撃を加えざるを得なかった。英霊百八十八柱は艦と運命を共にした。

小室千代太郎招魂之碑

初代比叡の乗組員、茨城県那珂湊出身の方の碑

小室千代太郎招魂之碑
写真の左の碑が、小室千代太郎招魂之碑

アクセス

衣笠商店街から徒歩 5 分

光心寺(こうしんじ

所在地:
〒 238-0031 神奈川県横須賀市衣笠栄町1丁目51
電話番号:046-851-0670

厄除地蔵さんの赤いお洋服

衣笠駅前のお地蔵さん「厄除け地蔵尊」の赤いお洋服が新しくなっていました。
衣笠駅前の厄除け地蔵
きれいな朱色にきれいな仕立て、お地蔵さんたちもお日様にあたって笑顔にみえます。

このお洋服は、仲通り商店街にある手芸屋「lana x lana(ラーナ・ラーナ)」さんが作ってくれました。
お店では、お店で選んだ生地で仕立てのサービスもしています。

例えばスモック!
ラーナ・ラーナ 衣笠 手芸店
ラ「お店で生地を購入してくださいね。」
私「仕立てオーダーの料金は?」
ラ「作るものによって違いますが、これはこのくらいのお値段で…」
私「や、、、安いです!」

手芸教室もおこなっています。

こんなユニークな講習も!
lana x lana【手芸店】

私「糸かけ曼荼羅? マンダラですかぁ」
ラ「今はいろいろな手芸キットがあるんですよ」
私「集中できそうですね。いやなこととか全部ふっとびそう…」
ラ「これ、おもしろいですよ(^_^)」

作ってみたいけど、ひとりで作るのはとてもとても。。。という方はぜひお店に足をはこんでみてください。


商品も豊富で楽しいですよ。

手芸店 lana x lana(ラーナ・ラーナ)
TEL 046-815-6744
神奈川県 横須賀市衣笠栄町1-70
※お店は衣笠仲通り商店街のまんなか辺りにあります
http://picdeer.com/lana_lana_kinugasa