夕涼み会 2019年

2019年7月6日(土曜日)夏のはじめの恒例イベント「夕涼み会」が開催されました。

お天気が心配されていましたが、なんとか持ちこたえ、吹く風もやや涼しく、例年より過ごしやすく感じました。
歌と踊りのエンターテイメント「キラキラ七夕ステージ!」手作りの工夫をこらした おいしいものや楽しいものが並ぶ夜店でも、こどもたちの好奇心いっぱいの表情が印象的でした。

衣笠商店街 夕涼み会2019

開催終了時間の7時半ごろから、雨が降り出していました。みんな無事に帰れたかな。

後半の写真は「実験や研究ってなんだかおもしろいぞ」ってみんなに教えてくれた、横須賀高校 科学部、横須賀工業高校 機械研究部の学生たち。
来年のこどもたちの七夕飾りには「博士になりたい」ってゆう願いごとの短冊がお目見えするかもしれませんね(^_^)

開催のチラシやプログラムは衣笠商店街のホームページ「夕涼み会(2019.7.6土)」に掲載しています。

写真につきまして
掲載写真については
衣笠商店街⇒問い合せ」よりうけたまわっています。

▼写真の無断転載は禁じています。
衣笠商店街の広報に使う目的であれば、肖像権を考慮した上で使用可能です。それ以外の目的で使う場合はお問い合せください。

▼できるだけ、写真を撮らせていただいた方に声をかけていますが、もし「この写真載せないで!」というものがありましたら、下記、お知らせください。
・「記事の題名」または「掲載日付」
・「写真の番号」写真をクリックすると左下に掲載されている文字
・「削除の理由」

衣笠チャリティー寄席(2019.3.18)

2019年3月18日(月曜日)はまゆう会館でおこなわれた『第16回 衣笠チャリティー寄席』

月の家 圓鏡
月の家 圓鏡さん登場に「待ってました!」
歴代師匠や、落語界のお話をいっぱいしてくださいました。
なかでも月の家三か条、「弱きにくじき、強くにヨイショ」
そして東京の寄席の話、「それにひきかえ衣笠のお客さんはー」と大ヨイショ!
さすが圓鏡さん!(ヨイショっ)
演目は「代筆屋」これぞ話芸、圓鏡さんの世界感に会場は開放感のある笑いに包まれました。

終演後におこなわれた「抽選会」、演者のみなさんが普段着で登場。
圓鏡さんの直筆メッセージ入りの色紙が当たったお客さん、とっても嬉しそうでした。


マギー隆司マギー隆司さんのマジックショー
とぼけたマジックがツボ!
「ひも、短くなるでしょ?」会場のお客さんからツッコミまくられても ぜんぜん平気なマギー隆司さん。会場が一体になった楽しいひとときでした。

月の家 小圓鏡月の家 小圓鏡さん
「横須賀の公演だからとスカジャン着てきました。だれもスカジャン着てないんですっかりおのぼりさんですよ僕」
地元はいいですねと、旅の話、京都に行ったときの話をしてくれました。
演目は「たけのこ」。ニョキっと生えてきた隣の家のタケノコをめぐる隣人同士の掛け合い
ハスキーな小圓鏡さんの声、すてきでした。

瀧川鯉丸瀧川鯉丸さんの登場に会場から期待のこもった拍手が湧き起こりました。
「衣笠に早めに着き、すこし商店街を歩きまして、ハーバーライトにおりました」地元ネタに、そうそう、いい喫茶店よねーと、大きくうなずくお客さんもちらほら。
演目は「武助馬(ぶすけうま)」
馬の後ろ足を演じる武助さんがくりひろげる はちゃめちゃハプニング
「ヒヒ〜ン♪」
鯉丸さんの演じる武助さんにも、とっても共感しました。

柳家 小ごと開口一番 柳家 小ごとさん
「小石につまづくのも縁というものでございます」
演目は「たらちね」漢学者の娘さんをお嫁さんにもらった長屋住まいの八五郎さんのお話。初々しくて丁寧でとてもよかったです。

第67回 プラモデルコンクール【おもちゃの王様】

プラモデルコンクール出品作品募集!

衣笠商店街の仲通りにある【おもちゃの王様】では、プラモデルコンクールの出品作品を募集しています。
みなさんも挑戦してみてください!

作品受付
2018年8月16日(木)〜8月21日(火)

<規定>
プラモデル500円以上お買上げのお客様に出品券差し上げます。
出品券は一人1品

<部門>
一般の部・ジュニアの部(小中学生)

<賞>
王様賞/金賞/銀賞/銅賞/努力賞
(選外者全員に参加賞)

<表彰式>
日時:2018年8月26日(日)午後5時より
会場:おもちゃの王様


おもちゃの王様は、衣笠商店街 仲通りにある本屋さん三雄堂書店の2階にあります


2階にあがる階段に、前回のプラモデルコンクールの入賞作品が飾られています


【入賞作品決定】(2019年9月)

おもちゃの王様 第67回プラモデルコンクールは、3歳の子から60代の方まで、幅広い年齢の方々から応募がありました。

入賞作品をお店に飾っています。
一年間かけて一生懸命作ってくれた方もいらっしゃいます。ひとつひとつ世界観があり、ユニークです。是非、ご覧ください。


主催:おもちゃの王様
TEL 046-851-2730
神奈川県横須賀市衣笠栄町1-70

お店の情報:ヨコスカイチバン
http://www.sukaichi.com/pc/tenpo/?tel=0468512730

わんぱく相撲 横須賀場所

衣笠商店街近隣情報★全国大会をめざせ!

平成30年度 わんぱく相撲 横須賀場所

日時:2018年 4月21日(土)《雨天決行》午前9時より
場所:わんぱく相撲道場
小矢部2丁目 衣笠山ハイキングコース入口の広場
衣笠駅から衣笠商店街をぬけて衣笠十字路を右折、信号機「小矢部1丁目」付近

わんぱく相撲とは
小学生対象で最大規模の相撲大会。
小学4年生から6年生が参加し、日本国内200地区(主催青年会議所単位)の予選大会から勝ち上がり、東京・両国国技館で決勝にあたり全国大会が開かれます。

エントリーしよう!
◎出場資格:
横須賀・逗子・葉山在住
小学校男子 3年生・4年生・5年生・6年生
小学校女子 4年生・5年生・6年生

◎出場者は体操服用意
◎個人戦・団体戦は事前エントリー
◎豪華賞品用意
◎模擬店有り

◎【問い合わせ先】
https://www.facebook.com/events/709109019297382/
横須賀わんぱく相撲クラブ
電話:046-853-3569(佐山)

◎主催 公益社団法人 横須賀青年会議所
http://www.yokosukajc.com/

衣笠チャリティー寄席(2018.3.13)

2018年3月13日(火曜日)はまゆう会館でおこなわれた『第14回 衣笠チャリティー寄席』


衣笠チャリティー寄席「桂文治 独演会」、満席のはまゆう会館は今日も笑いにつつまれました。

瀧川鯉丸さん、横須賀出身とはうかがっていたけど、衣笠のご出身だったの!
演目は「片棒」、ケチな親父と3人の子の会話に、会場も「あるある〜」「いるいる〜」「えーーー?!」
瀧川鯉丸さん
お客さんの中には若い方もちらほら、みんなそれぞれの立場で鯉丸さんの語りを楽しんでいるようでした。

「いつまでも話しちゃうよ 帰れなくなっても 鯉丸の家に泊まらせてもらうし」と、桂文治さん、ナイツさんも、お話の合間に地元出身 鯉丸さんのことを 絶妙に挿み入れ、粋です。
桂文治さん

「ただいまー」で始まったナイツさん、衣笠チャリティー寄席に以前も来てくださったんですよね。
テレビでは見られないライブならではのお話、笑いのタネを機関銃のようにまき散らし、会場もおおいに盛り上がりました。

今日の主役、桂文治さん、演目は、泥棒修業の間抜けな新米のお話「鈴ヶ森」と、「幽霊の辻」。
桂文治さん
後半の「幽霊の辻」は、山や池、川、そして松 三浦一族ゆかりの三浦半島にちなんで選んでくれたのかしら、と思い聞いていたからか、文治さんのいたずら坊主っぽい表情のせいか、消えたお婆さんが“幽霊”ではなくて、タヌキに思えちゃいました。
桂文治さん
桂文治さんのよくとおる声と明るい笑顔が印象に残る、楽しい落語のひとときでした。

笑福亭茶光さん
開口一番は、笑福亭茶光さんの「色事根問」“お尻に挟んだ蝋燭が光って… ホタル?!”
会場では、息子 孫を見守るまなざし、緊張の開口一番もまた楽しいものです。

第14回 衣笠チャリティー寄席 演目表