【展示】こっちの街とあっちの街 衣笠商店街と谷内六郎(週刊新潮 表紙絵)

商店街で開催「生誕100年 谷内六郎展 いつまでみててもつきない夢」同時企画
こっちの街とあっちの街 衣笠商店街と谷内六郎(週刊新潮 表紙絵)

期間:2021年10月2日(土)〜12月12日(日)
時間:10:30〜16:30 入場無料
場所:ガレリア会館1階(横須賀コロッケとなり)
※会期中無休
※新型コロナウイルスの感染状況により変更や中止する場合があります。

展示会場:こっちの街とあっちの街 衣笠商店街と谷内六郎

横須賀美術館が所蔵する谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉の紹介&衣笠小学校の5、6年生有志を対象に開催したワークショップの成果展示です。
ワークショップでは、1964年に撮影された衣笠商店街の写真を見ながら、当時の街の様子について商店街の方から話を聞き、同時代に描かれた谷内六郎の週刊新潮 表紙絵のなかに当時の商店街と共通する部分を見つけていきました。

会場の作品や写真には子どもたちによる解説が添えられています。さて、ワークショップの成果はいかに?!
どうぞ、お買い物がてらにお立ち寄りください。

ワークショップ
ワークショップ8月のようす:写真の説明をする商店街の鈴木さん
ワークショップ
ワークショップ8月のようす:1964年に撮影された商店街の写真

【PR】横須賀美術館で開催中
「生誕100年 谷内六郎展 いつまでみててもつきない夢」
2021年9/25(土)-12/12(日)